みんなで創る あなたの市場 阪急OASIS

素朴な味わいをどうぞご家庭で!

はっと汁


食塩相当量
所要時間 約30分(*生地をねかせる時間は含まず)

材料(2~3人分)

  • <はっと>
  • 薄力粉…75g
  • 水…40cc~
  • 鶏肉(もも)…100g
  • ごぼう…50g
  • 大根…50g
  • にんじん…50g
  • 干ししいたけ…2枚
  • うす揚げ…1枚
  • 白ねぎ…30g
  • <A>
  • 干ししいたけの戻し汁…150cc
  • だし汁…600cc
  • <B>
  • 酒…大さじ2
  • みりん…大さじ1・1/2
  • しょう油…大さじ1・1/2
  • 塩…適量
40w_はっと汁

作り方

  1. ①ボウルに薄力粉を入れ、水を少しずつ加えて耳たぶほどのかたさまでよくこねる。ぬれ布巾かラップで包んで、常温で30分程度おく。
  2. ②干ししいたけは水で戻す。(*戻し汁は残しておく。)
  3. ③鶏肉は余分な脂身と筋を除き、小さめのひと口大に切る。ごぼうはささがきにし水でさらし、大根はいちょう切りに、にんじんは半月切りに干ししいたけは軸を除き、4等分に切る。
  4. ④うす揚げは熱湯で油抜きをし、縦半分に切って細目の短冊切りにする。
  5. ⑤白ねぎは斜めの薄切りにする。
  6. ⑥鍋に<A>を入れひと煮立ちさせ、③・④を入れてアクを取りながら10分程度煮る。
  7. ⑦⑥を<B>で調味する。味をみて塩で調整する。手をぬらし<はっと>の生地を薄くのばして、ひと口大にちぎりながら鍋の中に入れる。生地が浮き上がり、表面が透き通ってきたら白ねぎを加え取り分ける。

一口メモ

「はっと汁」は宮城県を代表する郷土料理で、だし汁や具材など地域や家庭によって違う、代々、母から子へ受け継がれた家庭料理です。宮城県といえば、今も昔も有数の米どころですが、米を満足に食べられなかった時に代用食として、工夫して作ったすいとんのような<はっと>が食べられるようになったようです。

旬のきのことおから団子でボリュームアップ!

きのことおから団子の濃厚鍋

きのことおから団子の濃厚鍋

香ばしく、さっぱりと!

焼ききのこのたたき みぞれぽん酢

焼ききのこのたたき みぞれぽん酢

秋の恵みをもっとおいしく!

実りのポトフ鍋

実りのポトフ鍋

季節の食材でバランスよく!

トマトと鮭のペンネグラタン

トマトと鮭のペンネグラタン