みんなで創る あなたの市場 阪急OASIS

春の素材を香ばしい春色ソースでどうぞ!

鯛のソテー 春野菜添え


食塩相当量
所要時間 約25分

材料(2人分)

  • 香藻真鯛(切り身)…2切れ
  • 塩・粗挽黒こしょう…各適量
  • 薄力粉…適量
  • 新じゃがいも…中サイズ1個分(約100g)
  • パプリカ(黄)…1/4個分
  • グリーンアスパラガス…3本
  • スナップえんどう(色よくゆでたもの)…5本
  • オリーブオイル…大さじ1+大さじ1
  • <ソース>
  • 乾えび(桜えびでも・軽く乾煎りする)…5g
  • 生姜(みじん切り)…5g
  • 「オリジナル ごまアーモンドドレッシング」…大さじ3
14w_鯛のソテー 春野菜添え

作り方

  1. ①鯛は骨を除き、軽く塩・粗挽き黒こしょうを振る。10分程度置いておく。
  2. ②新じゃがいもは、表面をよく洗い皮付きで7mm幅縦の輪切りにしてから棒状に切り、水にさっとさらす。
  3. ③パプリカは他の大きさに合わせて切る。グリーンアスパラガスは根元1cmを切り落とし、根元4cm程度のかたい皮とはかまを除く。斜め切りにする。
  4. ④フライパンにオリーブオイルを熱し、新じゃがいもを炒める。表面にオリーブオイルが回ったら、パプリカとグリーンアスパラガスを加えて炒める。軽く塩・粗挽黒こしょう(各適量・分量外)を振り、新じゃがいもがこんがりしてきたら、スナップえんどうを加え大きく混ぜ温める。
  5. ⑤④を器に盛り付ける。空いたフライパンをさっとふき、オリーブオイルを足し温める。鯛の表面の水分を軽くふき、軽く薄力粉を振って皮面からこんがり焼く。
  6. ⑥両面こんがり焼けたら⑤の器に盛り付ける。混ぜた<ソース>をかける。(乾えびは上から振りかけても)

一口メモ

春の野菜は、他に新キャベツなどを使用してさっと炒めても。鯛は表面に薄力粉を付けて焼くことで鯛の水分や旨みが逃げにくく、表面は香ばしくふっくら仕上げることができます。また仕上げにバターを使用すると、たんぱくな魚に風味・コクがプラスされますが、今回はコク深くクリーミーで香ばしいソースでどうぞ召し上がれ!

爽やかな酸味で鯛を美味しく!

鯛のサラダ

鯛のサラダ

京野菜を美味しいおばんざいに!

九条ねぎと水菜の信田巻き

九条ねぎと水菜の信田巻き

春の恵みを楽しむ!

ほたるいかと筍のソテー

ほたるいかと筍のソテー

繊細な甘みと、ホクホク食感が魅力です!

鶏とうすいえんどうのクリーミーソース

鶏とうすいえんどうのクリーミーソース