みんなで創る あなたの市場 阪急OASIS

繊細な甘みと、ホクホク食感が魅力です!

鶏とうすいえんどうのクリーミーソース


食塩相当量
所要時間 約35分

材料(2人分)

  • 鶏肉(もも)…1枚(約200g)
  • 塩・こしょう…各少々
  • うすいえんどう(さや付き)…150g
  • 塩…適量
  • 新玉ねぎ(粗みじん切り)…1/4個分(約50g)
  • にんじん(粗みじん切り)…50g
  • オリーブ油…大さじ1/2
  • 薄力粉…適量
  • 水…200cc
  • 固形ブイヨン…1/2個
  • 牛乳…100cc
  • 塩・こしょう…各適量
  • あればイタリアンパセリなど…適量
15w_鶏とうすいえんどうのクリーミーソース

作り方

  1. ①うすいえんどうはさやを除き、取り出した豆を塩を加えた熱湯に入れ、豆がやわらかくなるまでゆでる。水を少しずつ入れて、ゆっくり冷ます。(*再沸騰してから3分程度ゆでる。)
  2. ②鶏肉は余分な脂身を除き、ひと口大に切る。軽く塩・こしょうをふる。
  3. ③鍋にオリーブ油を熱し、新玉ねぎ・にんじんを加え炒める。途中、塩を1つまみ(分量外)加える。野菜がしんなりしてきたら、鶏肉に薄力粉をまぶし、皮を下にして焼く。
  4. ④鶏肉の両面に少し焼色が付いたら、水・固形ブイヨンを加え、約20分煮る。
  5. ⑤④に牛乳を加え、ソースに少しとろみが付くまで煮る。水気をよく切ったうすいえんどうを加えひと混ぜし、味をみてもの足りなければ塩・こしょうで調える。イタリアンパセリを添える。

一口メモ

うすいえんどうは鶏肉と一緒に煮てもよいのですが、別にゆでておいて後から加えた方が、色がきれいに仕上がりますよ。今回のメニューは、パンにもご飯にも合うメニューになっています。ショートパスタを加えてチーズをふりかけて焼けば、グラタンにもなります。豆の種類を増やしても美味しいですね。

爽やかな酸味で鯛を美味しく!

鯛のサラダ

鯛のサラダ

京野菜を美味しいおばんざいに!

九条ねぎと水菜の信田巻き

九条ねぎと水菜の信田巻き

春の恵みを楽しむ!

ほたるいかと筍のソテー

ほたるいかと筍のソテー

春の素材を香ばしい春色ソースでどうぞ!

鯛のソテー 春野菜添え

鯛のソテー 春野菜添え