みんなで創る あなたの市場 阪急OASIS

春のごちそう

春彩花ちらし


食塩相当量
所要時間 約30分(*米の吸水・炊飯時間は含まず)

材料(3~4人分)

  • 米…2合
  • 「はくばく十六穀ごはん」…1袋(30g)
  • <すし酢>
  • 塩…小さじ2/3
  • 砂糖…大さじ2
  • 米酢…大さじ3
  • <具材A>
  • れんこん…40g
  • 酢(れんこんゆで用)…適量
  • 砂糖…大さじ1
  • 酢…大さじ1
  • 塩…1つまみ
  • <具材B>
  • えび…8尾
  • 酢…大さじ1
  • 砂糖…小さじ2
  • 塩…1つまみ
  • <具材C>
  • たけのこ(水煮にしたもの)…50g
  • 酢…大さじ1
  • 砂糖…小さじ2
  • 塩…1つまみ
  • <具材C>
  • グリーンアスパラガス(色よくゆでたもの)…5本
  • <具材E>
  • 卵…1個
  • 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水小さじ2
  • 砂糖…1つまみ
  • サラダ油…適量
  • そうめん…少々
  • 木の芽…8枚
4月旬_春彩花ちらし

作り方

  1. ①十六穀を入れた米を炊飯する。<すし酢>を作り、たきたてのご飯に回しかけすし飯を作る。
  2. ②れんこんは輪切りか半月に切り、酢を入れた熱湯でゆで、甘酢に浸けておく。
  3. ③えびは背わたを除いて塩(分量外)を加えた熱湯で殻ごとゆでる。殻をむき、甘酢に浸けておく。
  4. ④たけのこは穂先は縦に3mm幅に切る。根元は3mm幅の半月切りにし、熱湯でさっとゆで、温かいうちに甘酢に浸ける。
  5. ⑤グリーンアスパラガスは斜め切りにする。
  6. ⑥卵を割りほぐし、水溶き片栗粉と砂糖を加えてよく混ぜ薄焼き卵を2枚作る。横に3等分に切って、さらにそれぞれ半分に折る。輪になったところに切り込みを入れて、端から巻いていく。大きくなるようであれば半分の長さで作る。巻き終わりを、適当な長さに折ったそうめんで刺し止める。
  7. ⑦器に①を盛り付け、具材を彩りよく盛りつける。木の芽を散らす。

一口メモ

通常、ちらし寿司に使用するような材用で切り方を変えるなどして、お皿の中にお花が咲いたような春の演出にしています。雑穀米を使用していますが、お酢を加えることで全体にピンクのご飯になるのでこちらも春らしい色彩に一役かっています。

かつおとキャベツのコールスローと合わせて

かつおのたたきと新キャベツのサラダ

かつおのたたきと新キャベツのサラダ

新キャベツのふわふわえびしゅうまい

新キャベツのふわふわえびしゅうまい

彩りも味も歯ごたえもさわやかな一品

牛肉・セロリ・絹さやの炒めもの

牛肉・セロリ・絹さやの炒めもの

京のおばんざい

おからのたいたん

おからのたいたん